ご存知だろうか?Steamの販売ゲームを無料で購入する方法 - お金の稼ぎ方のガイドブック

ご存知だろうか?Steamの販売ゲームを無料で購入する方法

   

最近、Steamというサイトを通してゲームを販売するメーカーが増えてきている。理由は単純、やはり違法コピーを防止するためだろう。パッケージとして売るのではなく、サイトを通してデータを売買しようとしている。特にパソコンでも遊べるFPSやRPGを中心に、Steamの取扱いゲームの数は豊富になっている。

そこでだ。Steamのゲームを合法的に、無料あるいは大幅に値引きして買うことが出来る方法があるので、ちょっと紹介してみたい。

Steamのお支払い方法にヒントがある

1

Steamは国際的なゲーム販売サイトというだけあって、対応している決済手段(お支払い方法)も非常に豊富です。

VISAなど各種クレジットカードはもちろん、PaypalやSkrillといった電子通貨の類にも対応している。

そして、今回の方法で目をつけたのがWebMoneyです。このWebMoneyを無料で稼げるとしたらどうでしょう。

 

今回、紹介するのはそのWebMoneyを無料で稼ぐ方法です。無料で稼ぐというと怪しい匂いがしますが、システムに則った合法的な手段ですので、そのあたりは変に警戒心を抱く必要はありません。

まずはこの記事で紹介する方法をサラッと読み流してから、判断するのも悪く無いと思っています。この方法は合法だし、今後10年くらいは普通に使える方法ですので。

 

WebMoneyを無料で稼ぐ方法は2つ

今、この記事を読んでくれているあなたが、もし成年(満20歳)していないなら1番目の方法を。もし、20歳以上の方であるなら、2番目の方法を使ってください。

 

1.空いた時間でコツコツと積み上げてWebMoneyを無料で手に入れる

モッピーというサイトを聞いたことはありますか?

モッピーとは株式会社セレスが運営している、国内最大手のポイントサイトです。このサイトで、無料会員登録や資料請求をするだけで無料でポイントが稼げてしまいます。

無料会員の登録や、資料請求は必要な項目を埋めるだけで完了しますので、小学生や中学生にも出来る方法です。時間のあるときに、コツコツとやっていれば自然とSteamでゲーム1~2本を買えるWebMoneyは用意できます。

本当にそうなのか。実際に見てみますね。

4

これはモッピーの無料会員登録です。見ての通り、無料会員登録をするだけで20~70ポイントが貰えます。もちろん、この画像に映っているのはあくまでも一部であり、実際はもっとたくさんの無料会員登録があります。中には130~220ポイントくらい貰えるおいしい広告もあります。

しかし、この方法だけではSteamでゲームが買える金額にはちょっと足りないと思います。そこで資料請求を使います。

7

資料請求するだけで、広告1つにつき1000ポイント。つまり1000円が貰えます

例として、1000ポイント貰える資料請求を10個やったら10000ポイントです。1万円もあれば、ゲームの1本や2本は十分に買えると思いませんか?

これがまだ成年していない小学生や中学生、そして高校生といった学生向きの無料でWebMoneyを稼ぐ方法です。

→ モッピーの公式サイト

 

2.暇な時間を使ってある申請をするだけでWebMoneyを1万単位で稼ぐ方法

次は20歳以上の大学生や、主婦、社会人向けの方法です。

ほぼノーリスクでハイリターンにWebMoneyを荒稼ぎできる方法です。きっちりこなせば、Steamで新品ゲームを10本くらいなら余裕で買えてしまいます。

8

これが20歳以上の方に、僕がよくおすすめしている方法です。口座開設をするだけで、10000ポイント以上もらえるんです。

つまり口座を1つ作るだけで、Steamのゲーム1~2本分に相当します。普通に買うより、賢いやり方だと思います。

ただ、口座開設は1回しか使えないので、全部やってしまうとそこで終わりです。が、一時的に一気に10万以上稼げると考えれば、良い方法だと思います。

さてと、口座開設が無くなってきたら次はカードを狙ってみます。

3

このように、カードの発行を完了させるだけで、数千ポイント、高いものでは40000ポイントと、かなりのペースで稼げます。こちらもカードの発行は1回限りですので限界はありますが、すべてこなせば10万くらいはすぐだと思います。

ただ、こちらは口座開設と比らべて気をつけるべき点があります。それはカードの発行を短い期間で大量にこなすことです。1ヶ月の内に10枚もクレジットカードを作っていると、カードが目的ではなく、ポイントが目的の利用とみなされ、あとあとカードを作りづらくなったりとデメリットが出てきます。なので、カード発行はほどほどにやるのをオススメします。口座開設の方は特にそういう制約はありません。

 

ポイントが貯まったらWebMoneyに交換して、Steamでゲームを買うだけ

以上の2つの方法を使って、無料でポイントを得られたと思います。さて、次は手に入れたポイントをSteamで使えるようにするため、WebMoneyへ交換します。

4

モッピーの公式サイトの右上に「交換」というところがあります。そこをクリックします。

5

下の方へ行くと、電子マネーに交換というところにWebMoneyがあると思います。持っているポイントを交換するだけです。

WebMoneyの場合、最低交換額は500ポイントですが、この記事で紹介した資料請求や口座開設の方法を使っていればその程度は簡単に稼げていると思うので、特に問題になりませんね。

 

1

あとはSteamでゲームを買うときに、お支払い方法にWebMoneyを選べば無事、無料でSteamのゲームを買うことに成功したことになります。

 

まとめ

かなり手短に解説してみましたが、分かりましたか?

無料会員登録や資料請求を使った方法で、さらに効率良くポイントを得る方法については別の記事で解説しているので、もっと効率良くしたいという方は一度読んでみるといいかもしれません。

→ ポイントサイトで裏技的な方法を使って時給1000円近く稼ぐ方法

 

そして、口座開設を使ったやり方は、確かにものすごい効率で稼げるのですが、気をつけたいポイントがあるので、口座開設で失敗したくない方はどうぞ。

→ 口座開設系などでポイントを一気に稼ぐ方法のメリットとデメリット

 

・・そもそも、そのポイントサイト。なんか怪しくない? 無料でWebMoneyなんてくれちゃってさ。と思われた方。それはちょっと鋭い方だと気づく当然の疑問だと思います。なので、その疑問を解消するべく以下の記事がありますので、ポイントサイトが怪しいと感じたなら、一度読んでみてください。全然あやしくないことが分かるかと思います。

→ あやしい?ポイントサイトで無料で稼げる理由を図を使って解説

 

以上、Steamのゲームを実質「無料」で買う方法でした。

モッピー!お金がたまるポイントサイト
モッピーの会員登録はここから出来ます

 

 

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 - ポイントサイト, 小遣い稼ぎ