せどりを始める前に知るべき、仕入先とせどりツール18選まとめ - お金の稼ぎ方のガイドブック

せどりを始める前に知るべき、仕入先とせどりツール18選まとめ

   

せどりをこれから始めるつもりの初心者のための、せどりを始める前に知っておくべき、定番の仕入先とせどり・転売に使えるツールまとめ。情報、つまり武器を持っているか持っていないかで成果というのは大きく変わるものです。せどり初心者という方なら、読むべき内容です。

 

定番の仕入先14選

本質はすでに、せどりの本質についてという記事で解説したとおりです。安く買って高く売ることができればそれで良いので、仕入先もたくさん知っておけば臨機応変に対応できます。

なお、定番の・・と一応書いてありますが、定番ではない仕入先も入っているかも。

 

ヤフオク

1

超有名オークションサイト。知らない人はほとんどいないレベルで、品揃えもすごい。

出回っている商品の数や種類は半端無いので、基本的に揃わないモノは無いんですよね。そしてその中にライバルの少ない商品も隠れている。探せば稼げる、そんな印象を受けるのがヤフオクです。

仕入れ、売り先、両方がヤフオクで完結することも多いです。

 

eBay

4

ヤフオクも超有名サイトですが、世界的に見ればeBayが世界最大級のオークションサイトです。

ちなみに2000年頃に日本にも進出したんですが、ヤフオクがあまりにも強すぎて2002年に撤退したという苦い経験を持っていたりする。

 

アマゾン

2

ヤフオクと同様に、アマゾンも知らない人はいないと言えるサイト。年寄りが「アマゾンまで買い物に行かなくても・・」と言うことはあるらしいですが。

仕入れにも使えたりするのですが、実態は売り先というのが僕の考え。ほら、アマゾンって日本人の感覚からするとネット上の百貨店・高級スーパーマーケットという感覚らしいので。

試しにアマゾンを知っていますか? と聞いてみたらほとんどの人が知っていると答えるでしょうけど、マーケットプレイスって知っていますか? と聞くと、半分くらいの人は知らなかったりする。

僕の家でもマーケットプレイスは僕しか知りませんでした。だから、そのあたりの認識のズレにチャンスが有ったりするサイトです。

 

Amazon.com

3

アマゾンではなく、Amazon.comです。いわゆる本家、アメリカ版アマゾンですね。日本版と比較するだけで稼げることも多々ある面白いサイトです。

Prime会員からの購入だと、送料が安い上、かなり速く来るので仕入れに意外と優秀です。

 

メルカリ

6

最近流行りつつある、スマホのフリマアプリ。利用者は20~30代の女性が多いので、メルカリだけで仕入れ・販売は厳しいです。なにか一捻りあれば、稼げそうなんですが。

 

Mercari

5

意外と気づいている人が少なそうな、Mercari。何が違うのかって、メルカリの本家、アメリカ版です。ここもアマゾンと同様に、日本版と比べるだけで稼げそうな臭いが漂っています。

 

楽天オークション

7

ヤフオクよりも有名ではないですが、本・DVD・CDなどを売るときに優位性があると感じるオークションサイトです。ただ、僕は楽天というネーミングがあまり好きじゃなくて、積極的に使ってなかったりします。(え。

 

モバオク

8

ある程度、せどりについて学べば知っている人は多いモバオク。主に仕入先として使えるサイトです。

 

POSHMARK

9

マニアックですが、稼げる可能性はあるので一応取り上げました。POSHMARKはアメリカで始まった、メルカリの先駆け的存在です。スマホアプリがメインですが、このようにPCからでも利用できるので便利。

 

ジモティー

10

地元の人にモノをタダで譲ってもらおうというのがテーマの、ジモティー。新しいサイトです。オークションサイトではないですが、かなり安く買えることもあるので、利用する価値はあるかと。

 

yoox.com

11

似たようなサイトは探せば他にもありますが、YOOX.COMが一番安いのでここだけ取り上げました。洗練されたデザインのサイトで、高級ブランドを中心に取り扱っている。

そして、価格の安さの秘密はニセモノではなく・・流行遅れ、季節遅れのファッションだかららしいです。仕入先として優秀です。

 

FRIL

14

メルカリと同様のフリマアプリ。仕入れには微妙だが、売り先としては案外行けそうな雰囲気は感じる。メルカリと違って、パソコンからも決済が出来るのが特徴。

 

 

各種ASP

12

気づいている人はいますが、あまり有名ではないです。A8.netに限らず、アフィリエイトを提供しているASPはセルフアフィリエイトを容認していれるサイトがあります。

そういったサイトを利用すれば、安く仕入れることが可能なんですね。方法については別記事で解説します。

 

天猫

13

まだ、あまり理解が深くないのですが一応。天猫(Tモール)という中国のアマゾンみたいなサイトです。運営はアリババ、ソフトバンクが投資している企業でアリババがNYSEに上場したことによって、ソフトバンクの資産が大幅に増えたというエピソードがあったりする。最近、よく聞く・・爆買いですが、あれって日本の商品を現地で大量に買って、中国で高く売っているというのが実際の目的だったりする。

日本人でも、中国向けの輸出せどりをやっている人は割りといます。

 

 

せどりで使えるツール4選

せどりをするときに使える、便利なツールやサイトをまとめます。一部マニアックなものもあります。

 

オークファン

18

有名サイト、オークファン。過去の色々なオークションサイトでの落札価格を表示してくれます。売れている商品なのか、過去の価格がいくらだったのか、せどりで重要な情報を得ることが出来る。会員登録することで、さらに優れた機能を使えるようになる。10年間の落札価格とか。

 

モノレート

17

アマショーという名前だったらしいサイト。今は、モノレートで一貫している。見ての通り、過去の価格推移が分かりやすいサイト。売れているかどうかはともかく、相場が知るのには使えるサイト。

 

JTrim

16

ヤフオクなどで商品を売る時、写真はやはり重要な要素なのでパッとしない写真はこのツールでコントラストを付けるなどして、良い感じに仕上げる。

Photoshopなどのイラストソフトを持っていない人なら、このソフトで十分な機能がある。

 

一括出品おまかせ君2

15

ヤフオクで使える出品系のツール。扱う商品の数が増えてくると、かなり重宝する。

 

まとめ

以上、14つの仕入れ・販売に便利なサイトと、4つのヤフオクを使う時に便利なツールをまとめました。

  1. ヤフーオークション
  2. eBay
  3. アマゾン
  4. Amazon.com
  5. メルカリ
  6. Mercari
  7. 楽天オークション
  8. モバオク
  9. POSHMARK
  10. ジモティー
  11. yoox.com
  12. FRIL
  13. 各種ASP
  14. 天猫

これが知っておくと使える14サイト。他にも細かいのはありますが、とりあえずこれだけ知っておけば十分かと。極論、安く購入できるならどこでもいいっていうのが仕入れですからね。

 

  1. オークファン
  2. モノレート
  3. JTrim
  4. 一括出品おまかせ君2

で、これが主要なせどりに便利なツール。オークファンは鉄板ですよね。次からは仕入れ値をどのようにして抑えるか、ある一つの方法を解説します。

 

NEXT → 02. 仕入れ値をゼロ、あるいはプラスにして仕入れて転売する方法

 

 

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 - せどり, 副業